マザーズ指数など新興株にストップ高36銘柄 大口投資家の餌になるな要注意

こんばんは。サラリーマン兼投資家のイトさんです。

 

新興株で36銘柄がストップ高となる稀な日となりました。

「新興株バブル」と言う感じですね。

 

 

ジャスダック平均株価は11日続伸中。

昨年の11月22日~12月11日の14日続伸は記憶に新しく、それ以来の連続上昇となっています。

 

マザーズ指数は6日続伸中。

個人投資家の買いの勢いが止まりませんね。

マザーズ指数の中で時価総額が最も高いメルカリ。

マザーズ指数を牽引しているのは間違いありません。

 

その他、代表的な銘柄として

Sansan(株)

(株)ミクシィ

弁護士ドットコム(株)

そーせいグループ(株)

アンジェス(株)

CYBERDYNE(株)

JIG−SAW(株)

など。

 

3月に上昇したばかりの

4493「サイバーセキュリティークラウド」は、

短期急騰を見せています。

 

東京証券取引所には、

東証一部、

東証二部

ジャスダック平均株価

マザーズ指数など様々な市場があるのは皆さんもご存知でしょう。

名前は聞いたことはあるけど、いまいちよく分からないと言う人もいますよね。

コロナショックの巻き返しで爆上げしているマザーズ指数について

簡単に解説したいとおもいます。

 

東証マザーズ指数とは

東証マザーズ指数とは、

東京証券取引所「マザーズ市場」に上場する銘柄を対象として算出された株価指数のことです。

一般的に、「マザーズ指数」と呼ばれます。

 

「マザーズ指数」は、新興市場と位置付けられ、主に創業間もないベンチャー企業などが上場しています。

新興市場であるマザーズ市場には、業歴の浅い会社や赤字の会社でも上場可能です。

上場には、事業計画に合理性があるかといった点が重要な審査項目になっています。

 

 

東証マザーズ指数は時価総額加重平均で算出

 

マザーズ指数は、マザーズ市場に上場する全銘柄が指数の算出の対象です。

これが一つの特徴です。

「時価総額加重平均」で計算します。

要するに、時価総額の大きい銘柄ほど、指数に与える影響が大きくなると言うことです。

 

マザーズ市場で時価総額が最も高いのは4385のメルカリです。

メルカリの株価変動が、マザーズ指数の上下に大きな影響を与えるのです。

 

現在の時価総額の上位20位の順位は、以下のようになります。

 

 

東証マザーズの株が個人投資家に人気な理由は?

東証マザーズ指数に上場している銘柄は、発展途上の企業が多くなっています。

そのため、成長が期待できる反面、業績が不安定な場合も多く、株価が上下に大きく動きやすい傾向にあります。

 

また時価総額が小さい銘柄が多いため、大量の買い注文や売り注文がでると、株価の変動が一方向に動きやくなります。

 

そのため、個人投資家の多くは株価の変動が大きい新興株マザーズ指数の株を買う傾向にあるのです。

 

本日全市場でストップ高銘柄は48銘柄。

その内マザーズ指数は29銘柄で約60%を占めており、変動率が高いことがわかります。

 

米国株と違い日経平均株価は、長期での右肩上がりの上昇が期待できません。

そのため、短期間で値幅の大きな動きのあるマザーズ指数の銘柄を好む傾向にあるのです。

 

実は、私の保有している株の8割は新興株の銘柄です。

 

大口投資家の餌にならないように注意

マザーズ指数の銘柄の多くは、時価総額が小さい傾向にあり、株価の変動が大きくなりやすいことは説明しましたね。

 

そのため、大口投資家(大量の資金を持っている海外証券など)による大量の買、大量の売によって一気に株価が動きやすくなります。

 

大口投資家によって吊り上げられて上昇した銘柄に個人投資家が飛びつき買をし更に株価が上昇。

あるタイミングを見計らって、大口投資家が利益確定売りを行うことで、株は急落。

高値で株を買わされた個人投資家は損切をする羽目になり、大口投資家に資金を持っていかれるということは往々にしてあることです。

 

マザーズ指数の銘柄は、短期で大金な値幅を狙うことで利益を出しやすい反面、短期で大きな損失を被ることもあるので、注意が必要です。

 

特に株を始めたばかりの方、初心者の方にはお勧めできません。

経験と知識を十分に身につけうえで、余裕資金で売買をするようにしましょう。

 

 

新興株は今バブルのような状態で、急騰劇を演じています。

 

しかし今は買うタイミングではないでしょう。

個人投資家の逆襲で過熱感漂う相場 株の本気買はまだ先の理由

そろそろ利益確定売りが出始めてもいいころ合い。

私は次の買場を虎視眈々と狙っているところです。

 

指標一覧 2020年4月20日(月曜)

指標一覧 日本市場

東証一部出来高 10億6542万株
東証一部売買代金(概算) 1兆9656億円
東証REIT指数 1,591.56(+15.41)
豪ドル/円(16:10) 68.49

 

 

 

 

重要指標 毎日確認して相場観を養おう

 

先物手口

モルガンスタンレー、クレディ・スイス、JPモルガン、ゴールドマンサックスの

日経先物とTPOIXの手口の買いと売りの差し引き枚数を掲載していきます。

 

日経先物6月限

「クレディ・スイス」は440枚の買い越しとなりました。

「JPモルガン」は404枚、「ゴールドマンサックス」は609枚「モルガンスタンレー」は1805枚の売り越しとなりました。

TPOIX6月限

「クレディ・スイス」は160枚の買い越しとなりました。

「JPモルガン」は46枚、「モルガンスタンレー」は1085枚、「ゴールドマンサックス」は151枚の売り越しとなりました。

 

海外勢は次の仕掛けの前触れのような静けさを感じる。

 

先物手口を見て、海外勢が売り・買いなのかしっかりと見て、同じ戦略を真似て、個人投資家の皆様は海外勢の餌にならないようにしましょう。

 

日経VI

日経VI:37.58から37.67へと上昇

 

VIは通常20を超えると投資家の不安心理が強い状態といわれており、現在は異例の水準に達しています。

 

 

騰落レシオ

騰落レシオ:114.92から124.28へと急上昇

 

値上がり銘柄数:1060   値下がり銘柄数:1035

過熱感が半端ないですね。

非常に危険な匂いがします。

4月1日の時点で騰落レシオは66.38。

僅か14営業日で約倍の124.28まで急上昇しています。

下落への備えを。

 

新高値・新安

新高値銘柄数:30  新安値銘柄数:2

 

 

 

 ↓ポチっとワンクリック よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

↓こちらもワンクリック頂けると嬉しいです

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です