ついに「iPhone SE」正式発表! コロナ禍でiPhone30%以上減少予想も離れられないユーザー 

こんにちは。サラリーマン兼投資家のイトさんです。

 

ついに前々から噂されていた「iPhone SE」が4月16日正式発表されました。

ついに「iPhone SE」正式発表!

新しい『iPhone SE』は廉価版のiPhone SEとして安く購入できることもあって非常に人気が高い商品です。

私はiPhone7を使用しており、サイズ感やホームボタン搭載するため『iPhone SE』は非常に嬉しい商品となりました。

 

iPhoneの最新機種は10万円を超える商品が登場するなど価格が高騰しており、iPhoneユーザーである私でも悩む金額です。

『iPhone SE』の価格は、64GBモデルは税込49,280円、128GBモデルは税込54,780円と非常にリーズナブルです。

また今使っているiPhone7の下取りをすれば、更に安く購入することができます。

私の愛用しているiPhone7はバッテリーの寿命が間近なようでパフォーマンスが著しく低下しそろそろ買い替えのタイミング。

予約は4月17日午後9時からスタートということで、早速予約注文をしたところです。

 

新型コロナウイルスの対策で外出自粛要請が出るなど暗いニュースが多い中、『iPhone SE』の到着を待つ楽しみが一つできました。

やはりiPhoneユーザーにとっては、手放せない商品の一つであることは間違いないでしょう。

 

アップル株下落 第2四半期は前年同期比36%減へ

 

記事によると、米アップルiPhoneの第2四半期である4~6月期の販売が、前年同期比で30%以上落ち込む可能性があるとゴールドマン・サックスが予想。

株式投資判断を「ニュートラル」から「売り」に引き下。

さすがのアップルも、新型コロナウイルスの世界的大流行にあっては、販売に影響がでるのは致し方ないことでしょう。

スティーブ・ジョブズ氏の後任、ティム・クックCEO(最高責任者)の手腕

アップルといえば、カリスマ的存在であったスティーブ・ジョブズ氏。
ジョブズ氏は、最新のテクノロジーを生かした製品を生み出すことには無類の才能を見せ、次はどんな商品がでるのかワクワクさせられたものです。
ジョブズ氏が2011年に亡くなられた時は、彼の革新的な商品が生み出されなくなるのかと、大変ショックでした
その後彼の後を引き継いだのは、ティム・クックCEO(最高責任者)です。
ジョブズ氏が亡くなられた2011年10月の株価は、調整後で約50ドル(約5,500円)で、時価総額は3,000憶ドル(約32兆円)程度。
クック氏がCEOに就任してから、アップルの時価総額は4月17日時点で1兆2千億ドル(約120兆円)を超えています
日本の2020年度の国家予算が102兆円、日本で最大の時価総額をほこる企業トヨタ自動車は約22兆円。
それらを上回る時価総額を誇るアップルがいかに巨大な企業かが改めてわかりますね。
本当に、すごいですね。
ティム・クック氏がCEOに就任してから、
時価増額は、約4倍の1兆2千億ドル(約120兆円)
株価は、5倍強の282ドル
売上高は、約3倍の2,656億ドル(29兆円)
と急成長しており、彼が超優秀なCEOであることは一目瞭然です。

 

ティム・クック氏がCEOに就任してから手掛けた代表的な製品は

・Apple Watch

・AirPods

・Apple Pay

などがあります。

 

「Apple Watch」

2019年には推定で3,070万台の出荷、2018年の出荷台数は推定で2,250万台で36%増。「調査会社Strategy Analyticsによると」

時計と言えば、スイス製が有名なのはご存知の通り。

スイスで製造された時計の2010年の総出荷台数は推定2,110万台であり、なんとApple Watchが960万台上回るという結果になっています。

「Apple Pay」

利用者は世界全体で推計2億5,200万人に上るされ、非接触決済サービス市場でシェアを伸ばしています。

iPhoneユーザーの多くは、Apple Payをつかっているのではないでしょうか。

私もその一人です。

 

 

米アップルiPhone第4四半期は2%減に緩和

ゴールドマンサックスの予想では、第2四半期である4~6月期の販売が、前年同期比で30%以上落ち込む可能性を示唆しながらも

第4四半期は2%減に緩和するとしています。

 

新型コロナウイルスの感染拡大は全世界に広がり、ロックダウンによる経済損失の影響はアップルだけではありません。

ゴールドマン・サックスはアップルの目標株価を233ドルと250ドルから下方修正したのは今の現状では、致し方のないこと。

第4半期には2%減に緩和するとしていることから、一時的な修正と見ていいのではないでしょうか。

コロナショックの大暴落でも、220ドル辺りが底値になっていますから、

下落調整があれば買う絶好のチャンスと言えるかもしれません。

アップルは、ティム・クック氏をCEOとしてからも新しい製品を続々と出し続けています。
iPhoneユーザーが廉価版のiPhoneを購入し続けていくのであれば、これからもアップルはまだまだ優位性のある企業といえるのではないでしょうか。
今までは日本株のみ投資をしてきましたが、これからは世界規模で戦う米国株にも投資をしていきたいと考えています。
日本の一年間の国家予算よりも時価総額を上回るアップルという大企業。
株を買うことで一株主となれると思うと、なんだか少しワクワクしますね。

まだまだ成長の可能性が秘めているアップルは魅力的な企業であると言えるのではないでしょうか。

慌てず、焦らず、時には大胆に投資を行いたいですね。

 

 

ポチっとワンクリック よろしくお願いします

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 

↓こちらもワンクリック頂けると嬉しいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です