思惑で動く株価 米中問題はいかに

こんにちは、こんばんは。サラリーマン兼投資家のイトさんです。

 

今日は、晴天で温かく気持ちい日ですね。13時半現在、22度と11月後半とは思えない気温、ドライブ紅葉には最適ですね~。

 

米中貿易問題で、合意に期待感が高まったことで米市場も上昇しましたが、余談は許さない状況には変わりませんね。

ダウやS%P500 は週足で見ると、右肩上がりを続けています。

日経平均の先行指標と言われているラッセル2000、日経平均は横這いの状況。来週足で方向性が見えてきそうです。

 

 

11月23日(土曜) 米指標一覧

 

11月23 米指標一覧

 

ラッセル2000

昨日の下げを半分ほど戻した形。1590を上抜けるか、下抜けるかは来週に持ち越しとなりましたね。

15日間横這いできているので、そろそろ決着がつきそうですね。

11月23 ラッセル2000

 

 

主要指数 週足チャート

 

日経平均 週足チャート

今週は下髭をつけた、陰線となりました。

個人的には、22500付近までの調整があってから、年末に向けて上昇していくのが望ましいと思っています。

が、現状このまま上昇していく可能性が高そうなきがしますね。米中貿易交渉の行方次第というところでしょうか。

11月23 日経 週足

 

ダウ平均株価 週足チャート

ダウ・S&Pは、調整しながらも右肩上がりの上昇がつづいている形ですね。

11月23 ダウ 週足

 

S&P500 週足チャート

11月23 S&P週足

 

 

ラッセル2000 週足チャート

今年の高値を抜いて新しいステージにあがれるか。下落して、1590~1446近辺でのレンジ相場にもどるのか、瀬戸際となっていますね。

11月23 ラッセル2,000週足

 

Fear & Greed Indexとは

 Fear(恐怖)とGreed貪欲という意味で、市場の過熱感を表す指標と言われています。

Fear(恐怖)の値が大きければ、 リスクオフ市場

Greed(貪欲)の値が大きければ、リスクオン市場と言われています。

 

50~0に向かうと、リスクオフが強くなり、50~100に向かうとリスクオンが強くなると考えてください。

先週は87でしたが、69まで戻してきていますね。

11月23 fear

 

 

 

投資主体別売買動向

6週続けて個人は売り越し、その逆で海外勢は7週買い越しとなっています。海外勢が売り越しに代わってきたら、日経平均も下落となるでしょうね。

 

11月23 投資主体別売買動向

 

 

明日11月24日の記事では、注目銘柄をピックアップしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です