個人主体の相場展開

こんばんは。サラリーマン兼投資家のイトさんです。

 

本日下落の日経平均。ジャスダック平均、マザーズ指数は上昇し、中小小型株中心の個人主体の相場展開となりましたね。

出来高も少なく、残り30日を残すだけになった今年の相場は静かに終わると思われます。

 

年末年始のお休みは、来年に向け着々と準備をする時間に充てたいと思います。

 

 

12月27日(金曜) 指標一覧

日経平均 23,837.72(-87.20)
TOPIX 1,733.18(+1.98)
東証一部出来高 8億2578万株
東証一部売買代金(概算) 1兆4332億円
東証REIT指数 2,148.57(-11.44)
米ドル/円(15:10) 109.48
ユーロ/円(15:10) 121.77
豪ドル/円(15:10) 76.13

 

 

日経平均

 

 

 

ジャスダック平均

本日も強い上昇。

 

 

マザーズ指数

しっかりと上昇。来年日経平均波乱の展開となりそうな中、マザーズ指数の上昇には期待したい。

 

 

その他指標

 

空売り比率

昨日の39.2から37.2と下落。

 

日経VI

日経VI:13.67から13.69へとほぼ変わらず。

 

 

先物手口

 

「みずほ」は、3193枚の買い越しの買い越しとなりました。

 

「ゴールドマンサックス」は、2626枚

「クレディ・スイス」は、387枚売り越し

となりました。

 

 

先物手口を見て、海外勢が売り・買いなのかしっかりと見て、同じ戦略を真似て、個人投資家の皆様は海外勢の餌にならないようにしましょう。

 

騰落レシオ

騰落レシオ:昨日の105.52から108.65へと大幅上昇。

 

値上がり銘柄数:1479値下がり銘柄数:601

 

 

新高値・新安値

 

新高値銘柄数:103  新安値銘柄数:4

 

本日、日経平均マイナスも新高値銘柄数が3桁に復活。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です